Project Business Service

部品はここで集めよう!?電気製品を自作する際の部品の集め方


ホームセンターでおおよそがそろう

電化製品を自作しようと思っても、何をすればよいかわからないという人もいます。初心者ならば自作キットを活用する方法もありますが、もう一歩進んで自作したい場合には、まず部品を集めることが必要となります。電化製品の部品は、専門店でなければ集められないと思っている人もいますが、そのようなことはありません。おおよその部品はホームセンターで購入することが可能です。自作で特に重要となるプリント基板も、販売していることがあります。もしなくても、インターネットを通じて購入することが可能です。

プラモデルショップにも

電気製品の備品は、ホームセンター以外でもそろえることができます。そのひとつがプラモデルショップです。プラモデルを販売している傍ら、プラモデルの部品などとともに電化製品にも活用することができる部品が広くそろっています。ただし、おもちゃ屋などといった幅広い製品を置いている店舗では取り扱っていないこともあります。

専門店やリサイクルショップも活用

専門店はもちろん部品がそろいますが、リサイクルショップを活用する方法もあります。リサイクルショップでは、ジャンクグッズとして電化製品としては使うことができないものも販売しています。それらを購入して解体すれば、部品をそろえることができます。自分で解体すれば、電化製品の仕組みを理解することにもつながり、より自作の知識を溜めることが可能です。

準備をしっかりと行ってから取り組もう

電化製品の自作で使う部品は様々あります。小さくてすぐになくなってしまうようなものもあれば、形が似通っているのに違う部品、鋭利な形をした部品もあります。それらを安全に管理できるように準備ができてから集めることが重要です。

プリント基板設計は、製造の多くが自動化されています。しかし、部品配置など人の手を加えなければならない工程が多くあります。