Project Business Service

太陽光はクリーンなエネルギーってどういう意味なの?

クリーンなエネルギーとは?

太陽光発電はクリーンなエネルギーを使う発電方法だから良いとよく言われていますが、そもそもクリーンなエネルギーとは何なのでしょうか。クリーンなエネルギーは明確に定義されているわけではありませんが、端的に言えば環境汚染を起こすリスクが低いエネルギーを指します。火力発電で使用される石油は燃焼させることで二酸化炭素などの温室効果ガスを発生させることからクリーンとは言えません。また、原子力発電では核燃料を使用し、放射性廃棄物を蓄積させてしまうことからクリーンなエネルギーではないと考えます。

太陽光がクリーンな理由とは?

太陽光がクリーンなエネルギーとされているのは本当に環境に負荷をほとんど与えないからです。発電に使用する場合には宇宙から降り注いでいる太陽光を吸収し、電気に変換する回路を通すだけで電力供給ができます。このシステムを動かすために電気が必要になるのは確かですが、発電に伴って大量の環境負荷物質が出ることはないのでクリーンと考えられるのです。

太陽光発電に積極的に貢献しよう!

太陽光発電システムは家庭でも屋根の上やベランダなどに設置できます。環境負荷の大きいエネルギーをクリーンなエネルギーに置き換えていくことは社会に対する大きな貢献になり、将来的にも安心して暮らせる地球を作ることにつながります。発電した電気は自分の家で使用することができるメリットもあり、光熱費を削減することにつながるでしょう。社会のためにも自分のためにも太陽光発電に積極的に貢献するのが大切です。

太陽光発電の価格は低下の傾向にあります。設備が一般に普及しているため大量生産の技術が進んでいるためです。