Project Business Service

どうやって選べばいい?倉庫を選ぶ際の基準

倉庫の規模とコストパフォーマンス

倉庫を選ぶ際には、まず倉庫の大きさを把握する必要があります。倉庫に収納するものが、しっかりと納めることができる程度の大きさを備えていることが最低限必要です。しかし、大きすぎる倉庫であっても、コストの無駄となってしまうでしょう。収納するものの大きさを考えて選ぶことが重要です。また、契約期間についても検討しなければなりません。引っ越しや大掃除、家の建て替えなど一時的に倉庫を利用することもあれば、家に入りきらないものの長期の保管場所として倉庫を利用することもあるでしょう。短期間の契約もできるのか、長期契約ならば割安になるのか、といった点で選ぶこともポイントです。

倉庫までのアクセス方法

倉庫までのアクセス方法も重要な基準です。倉庫を頻繁に使う場合、家から倉庫までの距離が短くアクセスしやすくなければ、倉庫に行くことがおっくうになってしまうでしょう。倉庫に大型の荷物を収納する際には、内部の荷物を持ち運ぶ際に、トラックなどを利用することになります。倉庫に駐車場がなければ便利に活用できません。どのように倉庫を使うかによって、最適なアクセス方法を確保できるかを確認するとよいです。

倉庫内部の機能性が優れているか

倉庫を選ぶ際に欠かすことができない基準が、倉庫の機能が優れているのかということです。倉庫は、ただ物を収納できる面積があればよいというものではありません。収納するものによっては、屋外で収納することが向かないものもあるでしょう。繊細な機器を収納するのならば、磁気やほこりが倉庫内に入ってはいけません。食品や書物を収納するのならば、湿気に注意する必要があります。そのような機能を備えているかも、選定の基準です。

3PLとはサード・パーティー・ロジスティクスの略で、荷主である企業のロジスティクス部門の業務を一括で請け負うことです。ECやネット通販が発達してきたこの時代の企業にとって、重要なものとなってきています。